(2020年9月27日の週報より)

金の子牛

出エジプト記 32章1~14節

モーセは、神から十戒を授かるためにシナイ山に登りました。そのモーセの帰りを待ちきれなかったイスラエルの民は、アロン(モーセの兄)にある要望を出します。それは「我々に先立って進む神々」を造ってほしいということでした。不安の中での発言だったと思われますが、これは大きな問題です。

彼らはこれまで誰に導かれていると思っていたのでしょうか。過越の出来事からスタートし、葦の海の底を歩いて渡るなど多くの奇跡を目の当たりにしてきた彼らにとって、主なる神こそが自分たちを導いてくださっていることは分かっていたはずです。しかし、「エジプトの国から我々を導き上った人、あのモーセがどうなってしまったのか分からないからです」との彼らの発言は、モーセという目に見える指導者のことしか見ていなかったということを示しています。神よりも指導者(人間)の存在によって安心を得ていたということです。私たちは大丈夫でしょうか。牧師ではなく、神を見、神によって安心を得なければ、この時のイスラエルの民と同じです。

彼らは、モーセに代わって「神々」を求めます。モーセがいなくなれば次の指導者(後継者)を求めるのが普通ですが、彼らはアロンに指導者となることを求めるのでなく、目に見える神を求めています。目に見える神とは、自分の思い通りの神ということです。神に自分たちが従うのではなく、自分が描いたイメージ、自分の願望が形になった神を求め、自分の願いを叶えてくれる神を求め、金の子牛を造り上げてしまいました。そこに安心感を求めたのです。

私たちは、真の神以外のところに[safety blanket](移行対象)を求めてはいないでしょうか。ピーナツの作者、チャールズ・シュルツは「ライナスが好きな毛布は、わたしたちがしがみついているものの象徴である」と言っています。私たちがたよるべきものは何なのか、今一度、自分自身に問いましょう。 (牧師 末松隆夫)  

応答讃美歌:新生讃美歌543番「千歳の岩よ」


(2020年9月20日の週報より)

永遠の祝福

詩編 23編1~6節

ダビデは主なる神が羊飼いである人生のすばらしさについてこの詩編でうたっています。これはダビデが羊飼いをしていたときにではなく、晩年になって自分の人生を振り返ってうたった詩編だと思われます。だからこそ、深みのある詩編になっていると思うのです。

新共同訳は「主は羊飼い」と訳していますが、「わたしの」という言葉が訳出されていないのは残念です。何故なら、「わたしの羊飼い」という関係性が重要だからです。羊飼いである「わたしの主」は、羊である「わたし」を導き、休ませ、力づけ、祝福し、共にいてくださる存在であることを、ダビデは感謝と信頼をもって告白しています。

「死の陰の谷」(①苦難)にも主が共にいてくださることを知る時、そして主が守ってくださっていることを知る時、私たちは力づけられます。「主の家」(①主との確かな信頼関係)に帰るとき、私たちは主の恵みと慈しみという祝福の中を生きることがゆるされているのです。

それは、「死の陰の谷」(②死)を行くときにも揺るぐことがありません。どれほど祝福に満ちた人生でも、いつかは終わりが来ます。それが被造物の宿命です。しかし、実際に「死の陰の谷」に遭遇しても、そこに共に主がおられることを知る時、死は恐怖ではなくなります。「主の家」(②天国)に帰り、そこで永遠という時を恵みと慈しみの中で過ごすことが約束されていることは、信仰者にとって大きな励ましであり喜びです。

召天者記念礼拝や墓前式は、私たちが行ったことのない「天国」を身近な存在に感じる時です。天国に導き入れられた方々も、この世に生きているわたしたちも、主が永遠に続く祝福へと導き入れてくださっていることを感謝しつつ礼拝をささげましょう。     (牧師 末松隆夫)

応答讃美歌:新生讃美歌608番「かなたにはまばゆき」


(2020年9月13日の週報より)

一人では負いきれない

出エジプト記18章13~26節

今日の箇所は、モーセがしゅうとであるエトロの助言に従って組織化を図り役割分担を行ったことが記されています。信仰というのは、自分一人で頑張って守っていくものではありません。神の民の一人として共に戦い、共に励まし、共に支え合って御国に向かって歩んで行くのが神の民であり、信仰共同体(教会)です。

モーセの妻子を連れてやって来たエトロに対して、モーセは「主がイスラエルのためにファラオとエジプトに対してなされたすべてのこと」(1節)を語り聞かせました。それに対する応答の言葉が10節以降に書かれています。そこには「今、わたしは知った」(11節)という言葉があります。これは[イスラエルの神である主こそまことの神であることを知った]という意味であり、エトロの信仰告白です。ミディアンの祭司であったこのエトロが最初の異邦人改宗者であると言われています。

その翌日に、モーセの働きぶりを見ていたエトロは「あなたのやり方は良くない」「一人では負いきれない」と指摘し、組織立てをして役割を分担させることを提言しました。その提言をモーセが受け入れ、これまでのやり方を改めたということは注目すべき点です。私たちは、いろんな理由をつけて他の人の意見を退けがちです。そして現状を変えようとはしません。しかしモーセは、信仰共同体に入りたての人の助言に素直に耳を傾け、それが神から託されている務めを全うするための良き手段であると感じたときに、新しいことを取り入れました。これは私たちが見習うべき点です。

もしこの時のモーセが40歳であったら、スピーディーに務めをこなし、傍から見ても大変さは感じなかったかもしれません。80歳という年齢が「一人では負いきれない」ことを実感させたのかもしれません。それもまた「恵み」として受け止めて、力を合わせてゆきたいものです。  (牧師 末松隆夫)

応答讃美歌:新生讃美歌639番「主の恵みに生きる」


(2020年9月6日の週報より)

雲の柱、火の柱

出エジプト記13章17~22節

神が遣わされた指導者モーセの働きによってイスラエルの民はエジプトを脱出し、約束の地に向けての旅が始まります。その彼らを導いたのが「雲の柱」「火の柱」であったことが今日の箇所に記されています。

聖書には時々「雲の柱」が登場します。14章には道しるべとして彼らの行くべき道を示すだけでなく、民の後方で敵の目をくらます役目や民を守る働きをしており、33章には礼拝と結びつけられ、臨在のしるしとして表わされています。また、40章には主の栄光と結びつけられ、先導するだけでなく、その場に民を留め置く役割も果たしています。出エジプト記以外にも、民数記、申命記、ネヘミヤ記、詩編、イザヤ書などにも登場し、「雲の柱・火の柱」が立つとき、民は共におられる主を覚え、主の守りと導きを感謝した様子をうかがい知ることができます。しかし、人々は最初からそれらの現象と神の臨在とを結びつけることができ、感謝することができたのでしょうか。

430年という長きにわたって暮らしていたエジプトです。心から喜んでエジプトから出て行った人もいれば、しかたがなくモーセに従ってエジプトを後にした人たちもいたと考えられます。エジプトを出たもののすぐに窮地に追い込まれている状況下で、彼らが雲の柱を見てそこに神の臨在を感じとり、感謝し、信頼したか疑問です。

私たちの信仰生活も同じです。必死になって目の前の現実と向かい合っている時には、「雲の柱」の意味が分からず、「なぜこんなことに…」と嘆きつぶやく私たちですが、時が経った時に初めて私たちは、試練の連続と思える状況下にも神が共におられ、守り、導いてくださっていたという恵みを味わうことができるのです。だからこそ、「今日」という日を前向きに捕らえる信仰の目を育てていきたいものです。 (牧師 末松隆夫)

応答讃美歌:新生讃美歌492番「わが身の望みは」


 (2020年8月30日の週報より)

主の過越の犠牲

出エジプト記 12章21~28節

この12章は、イスラエルの民がエジプトを脱出するという、出エジプト記の一つのクライマックスが語られています。彼らはエジプト人から金銀の装飾品や衣類を得て出立していますが、36節にはその様子を「エジプト人の物を分捕り物とした」と訳されています。ニツァルというヘブライ語には「取り戻す」という意味もあると言われます。そうであれば、彼らが奴隷として働かされていた時の報酬をこの時に得たという具合にも理解することができるでしょう。

解放することを頑なに拒み続けて来たエジプトのファラオを尻目に、イスラエルの民が堂々とエジプトを出ることができた理由は、神による10番目の災いである「初子を撃つ」という出来事があったからです。けれども、イスラエルの初子は撃たれませんでした。神の災いが過ぎ越したからです。そしてその「しるし」とされたのが、戸口の枠に塗られた小羊の血でした。この小羊の犠牲によってイスラエルの民の命は守られ、解放へと導かれたのです。

この「過越の犠牲」がイスラエルの民の信仰の原点となり、歩みの土台として常にそれを振り返り、感謝し、神の恵みに応えていく生活を整えていきました。そのために定められたのが「過越祭」であり「過越の食事」でした。それは、信仰共同体を形成する中心的メンバーや成人男性だけでなく、子どもたちもその食事に与り、その意味をきちんと教え、「救いの土台」をしっかりと継承させることが求められました。

けれども、現代の私たちは「過越の食事」を行っていません。それは、新しい「主の過越の犠牲」に与ったからです。それが小羊として十字架で流された主イエスの血です。私たちはそのことを喜び、感謝して、新しい過越祭(主の日の礼拝)を祝いつつ歩む新しい神の民であり、恵みとともに十字架の意味を子どもたちに語り伝えている責務が託されているのです。(牧師 末松隆夫)

応答讃美歌:新生讃美歌415番「わが主よ ここに集い」