(2021年4月4日の週報より) 

「行く手に立つイエス」

マタイによる福音書28章1~10節

主イエスへの深い思いをもって墓に行ったマリアたちではありますが、それは復活された主に会いに行ったというわけではなかったようです。彼女たちの心は悲しみと絶望に覆われた、まさに夜(闇)の世界でした。その彼女たちの心が朝に光に変えられた、それがイースター(主イエスの復活)です。

  私たちは、自分で見る・触れる・体験することによって納得しようとします。しかし聖書は、自分の目で見ても納得や理解ができないことがあることを教えています。復活の最初の証人となった女性たちも、自分の目で空になった墓を見、天使の姿を見ても、何が起こったのか認識することができませんでした。言葉(神の側からのメッセージ、そして行く手に立って声をかけてくださる主イエスの言葉)を通して喜びへと変えられたのです。主の言葉に触れることこそが私たちが変えられる源泉です。

  復活の主イエスは、自分を見捨てて逃げ去った弟子たちを、なおも「わたしの兄弟」と呼んでおられます。なんと憐れみ深い方でしょうか。それは、主の愛の大きさを示すと同時に、十字架によってすべての赦しが実現したことを物語っていると言えるでしょう。弟子たち(私たち)は今一度、新しい対人関係に復活の主によって招き入れられるのです。救いへの招き・恵みへの招きです。
行く手に立たれる主イエスは、「そこ(ガリラヤ)でわたしに会う」とも言われます。「ガリラヤ」は弟子たちが初めて主と出会った所(教会・礼拝)、弟子たちの故郷(地域・家庭)、挫折し逃げ帰った地(生活の座)、そして何より主が人々を癒やし、慰め、励まされた所です。あなたにとって復活の主と出会う「ガリラヤ」はどこでしょうか。

  「おはよう」(直訳は「喜びなさい」)と、私たちの行く手に立って声をかけ、喜びへと招いてくださる主に励まされつつ、「ガリラヤ」で喜びの日々を送る者でありましょう。 (牧師 末松隆夫)

 
 応答賛美:新生讃美歌241番「この日主イエスは復活された」


(2021年3月28日の週報より)

黒と赤の十字架

マタイによる福音書 27章32~56節

本日から受難週に入り、来主日はイースターです。主イエスが死を打ち破って復活されたという出来事は私たちの信仰生活にとても重要な意味を持つ大きな出来事です。そのイースターの前に、もうひとつ大きな出来事がありました。それは十字架です。

主イエスが十字架にかかられたとき、十字架の周りには様々な人がいました。そこには群衆がいました。彼らは、「ある時」は主を支持していた人たちです。その「ある時」とは、奇跡を見た時です。奇跡の力は大きなものですが、奇跡そのものに目が向いている間は、十字架の主は見えません。奇跡でも起したら信じてあげようと言わんばかりに、群衆は十字架にかけられた主を見てあざけりました。私たちは、〈奇跡信仰〉から脱却し、〈十字架信仰・復活信仰〉へと導かれることが大切です。

ローマの兵士たちもいました。彼らは、無抵抗の主イエスにやりたい放題のことをしています。いじめ問題をはじめとした現代の社会の姿がここに見え隠れしています。私たちの中にある「罪」がそうさせるのです。

十字架は、私たちの内側に秘められている罪が表面に現れたものだと言うことができます。この十字架を色で表すならば〈黒〉だと言えるでしょう。昼の12時に「全地は暗くなり、それが三時まで続いた」ことは、権力者も群衆も、ユダヤ人も異邦人も、すべての人が十字架の前では〈黒〉一色で覆われていることを表わしているかのように見えます。

しかし、神の側から見た十字架は、神の愛に満ちたものであり、主イエスの祈りと生命が込められた〈真っ赤〉な十字架です。色の世界では、〈黒〉に勝てない〈赤〉ですが、信仰の世界では〈赤〉が〈黒〉を覆ってくれるのです。この〈赤〉を受け入れることにより、神の御前にはばかることなく立つことができる者とされるのです。          (牧師 末松隆夫)

応答賛美:新生讃美歌221番「血しおしたたる」


(2021年3月21日の週報より)

御心を求める祈り

マタイによる福音書26章36~46節

オリーブ山の麓にあるゲッセマネの園はイエスと弟子たちが祈りの場として集っていた所ですが、今回は、十字架の前に記されていることから、最後の祈りとなります。

イエスは「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください」(39節)と祈っておられます。「この杯」とは、主の晩餐の時にイエスが言われた「これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」(28節)という十字架で流される血を表わしています。旧約の律法では、人の罪は犠牲の動物が血を流すことによって赦されました。しかし、新約では、神の御子イエスが身代わりとして十字架で血を流すことによって全ての人の罪がゆるされるのです。

イエスが苦しみながら祈られたこと、また、杯(十字架)を逃れる願いをされたことは、ご自身が負われる全世界の人の罪がいかに重いことであるかを表わしています。そして、「しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに」(39節)と祈られています。ゲッセマネの祈りは、イエスがご自身の願いを通すのか、または、父なる神の御心に従うのかを決める祈りであると言えます。もし、イエスがご自分の願いを通されていたなら、全人類の救いはありえなかったでしょう。この後、イエスは十字架に真正面から向かって行かれたことから、祈りでの苦闘を乗り越えられたことを示しています。

イエスは「誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい」(41節)と言われましたが、「誘惑」は「試練」の意味があります。試練に負けないよう、私たちがイエスと共に祈るべきことを求めておられます。私たちは世にあって様々な試練に遭います。イエスは、今も、天にて人の救いと必要のために執り成しの祈りをしておられます。私たちは自分の願いを祈るだけでなく、他の人々のためにも執り成しの祈りをして、イエスの祈りに合わせたいと思います。      (主事 八幡正弘) 

応答賛美:新生讃美歌445番「心静め 語れ主と」


(2021年3月14日の週報より)

小さな者のひとりに

マタイによる福音書 25章31~46節

この25章には、先週学んだ「十人のおとめのたとえ」、有名な「タラントンのたとえ」が語られていますが、いずれも終末との関わりの中で語られているものです。つまり、終末を未来に望みながら「今」というこの時期(中間期)をどのように生きていくかというテーマでまとめられている章です。

「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人」(40節)とありますが、「小さい者」とは誰のことでしょうか。他の箇所で主は、「わたしの弟子であるという理由で、この小さな者の一人に…」(1042)と言われています。マタイが語る「兄弟」とは、第一義的には「弟子」(キリスト者)と見なすことが出来ます。

35節から38節で主イエスが触れておられることは、衣・食・住・健康・自由という基本的人権に関わることです。それらの問題に関して、私たちがどれくらい兄弟姉妹のことを親身になって心に留め、関わっていくことができているか、その人たちのために祈っているかを主は見ておられるということをマタイは私たちに訴えているのです。もちろん、「兄弟=弟子」という範囲に留まるのではなく、そこから愛の波紋を周りへと広げていくことが私たちに期待されていることだと思います。

主のメッセージは、私たちが自分の周りにいる人たちの「隣人」になっているかという指摘ですが、これを日常生活に関する事柄と理解すれば〈他者への憐れみ〉、霊的な事柄と理解すれば〈他者に対する執り成し〉と受けとめることができます。〈憐れみ〉は「共に苦しみを分かつ」ことであり、〈執り成し〉は「両者の間に入って仕える」ことです。それは決して上から下へという方向ではありません。「共に」であり「同じ目線」での行動です。神に祝福された人たちは、〈憐れみ〉と〈執り成し〉を意識しないで行っています。私たちもそのようなライフスタイルへと導かれましょう。   (牧師 末松隆夫)

応答賛美:新生讃美歌626番「主はいのちを与えませり」


(2021年3月7日の週報より)

油を備えて

マタイによる福音書 25章1~13節

今日の箇所は、24章に語られてきたことを受けて、それを展開する形で語られているたとえ話です。これまで語られてきたことは、この世の終わりのことであり、その中心はイエス・キリストが再び来られるという[再臨]の出来事です。たとえの中の「花婿が来るのが遅れた」というのは、主の[再臨]を待っているのにまだ来ないということです。初代教会の人たちだけでなく、現代の私たちもその只中に置かれています。

たとえの中に10人のおとめが描かれており、「愚かなおとめ」と「賢いおとめ」とに区分けされています。この両者の違いは、予備の「油」を備えていたかどうかという点です。このことは[様々な事態に備えて万全の準備をしているかどうか]として受け止めることもできます。しかし、このたとえ話は主イエスの再臨を待つという私たちの信仰の在り方を教えているものです。その信仰において私たちが用意しておくべき予備の「油」とはいったい何なのでしょうか。

そのことを考えるうえで注目すべきポイントは、10人すべてが眠り込んでしまったということです。「賢いおとめ」がしっかりと目を覚ましていたわけではありません。ということは、「油」は私たちの[用意周到さ][頑張り][信仰深さ]を意味しているのではないように思われます。この「油」は、弱さを抱える者でも「花婿」である主イエスと共にあることを可能とするものです。それは私たちが自分の内に持っている何かではあり得ません。「油」は、イエス・キリストによる赦しの恵みであると言えるのではないでしょうか。この恵みによってのみ、私たちは再臨の主イエスを喜び迎える者となることができるのです。これは「眠り込んでしまう」ような私たちにとって、かけがえのない大きな慰め・希望・喜びです。「油」を備える者となりましょう。        (牧師 末松隆夫)

応答賛美:新生讃美歌559番「わが主イエスよ」